女の人

ボトックス注射でシワの悩みを解消【若いスキン】

最新の小顔治療

カウンセリング

筋肉の働きを弱めて小さくできる

ボトックスは、筋肉の働きを弱めることができる成分でもあります。つまり、ボトックスを注射で気になる部分に注入すると、その部位の筋肉は必要以上に動かないことにもなり、さらに筋肉が劣化して小さく見せることができます。この働きを利用して、美しくなりたいと願う人のための治療として活躍をしています。ボトックス注射は、体にも顔にも利用することができます。体であれば、二の腕やふくらはぎの治療として利用されることも多いものです。運動をしていた人であったり、筋肉質な体型という人にとっては、二の腕やふくらはぎは筋肉によって太くなってしまっています。運動をしなくなってもついてしまった筋肉はなかなか落ちないことになりますが、ボトックス注射を注入してもらうことによって医学の力を用いて筋肉を劣化させてスリムな手足に見せることができます。二の腕やふくらはぎを細く見せたいという場合、脂肪を疑って脂肪溶解注射を受けたいと美容クリニックを訪問する人もいるものです。しかし、大きく見える原因は脂肪ではなく筋肉というケースもあり、美容クリニックで相談してみるとベストな治療方法のアドバイスをもらうことができます。一方、顔の場合にはアンチエイジングの治療として多く利用されています。年齢とともにシワが目立ってしまうことになり、日常的に顔に出ているシワであればヒアルロン酸注射で施されることになります。シワの下にヒアルロン酸を注入してもらうことによって肌の下からシワを持ち上げることはできますが、表情シワまではカバーすることができません。しかし、ボトックス注射は、年齢を重ねた人でなくても若い人にも役立つ治療となります。小顔に見せたいと思っている人の中には、顔の筋肉が発達していることによって大きな顔に見えていることもあります。顔を大きく見せている原因は骨格や脂肪だけではないのです。夜中に歯ぎしりをしていたと家族に指摘された経験のある人であれば、自分が気が付かないうちに歯ぎしりによってエラの部分の筋肉が異常に発達していることになります。また、日中でも強いストレスを感じて生活をしている人になると、気がつかないうちに歯をぐっと噛みしめていることもあります。ストレスを緩和することも重要ですが、ついてしまったエラの筋肉はボトックス注射で対処することができます。エラを解消すると、見違えるほどに小顔になることが出来ます。これ以外にも、笑った時に上の歯ぐきが大きく出てしまうガミースマイルの症状を抱えている人にも、手軽に自然な笑顔を作り出すことができるとして利用されています。ガミースマイルは、日本人に多い症状で、コンプレックスに感じている人も多いです。歯茎が気になって笑顔を作るのが嫌となってはもったいないです。なので、美容外科でボトックス注入の治療を受けることと検討しましょう。表情筋のどこにボトックスを打つかによって、小顔になれたり、ガミースマイルを改善出来たりします。その為、これからますますボトックス治療が注目されていくことでしょう。そして、ボトックスの治療技術も向上していくことでしょう。