女の人

ボトックス注射でシワの悩みを解消【若いスキン】

しわやエラが改善できる

先生

人気のボトックス注射の特徴

年齢を重ねると表情筋の関係でおでこや眉間などに表情ジワが付きやすく、放置しておくとどんどんシワが深くなってしまいコンプレックスになってしまう危険があります。またダイエットを行って体全体がスリムになってきても、顔のサイズが変化せず顔と体形のバランスが取れなくなったと悩んでいる方も少なくありません。これはどちらも表情筋や咬筋の発達が関係している可能性が高く、顔の筋肉は無意識に動かしてしまうため自分で対策を行うことは難しいといわれています。そこで美容外科や美容皮膚科などで行われている人気の美容施術の一つがボトックス注射です。ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種を筋肉に注射することでアセチルコリン分泌を阻害する事により一過性の筋肉麻痺を生じさせる特徴があります。そのため眉間やおでこに表情ジワが出来てしまっている場合はおでこの筋肉にボトックスを打つことで筋肉を麻痺させ細くさせることが出来るので徐々にシワを目立たなくさせて優しい顔の印象に整えることが出来ます。また頬周りの食べ物を噛む際に使用する筋肉である咬筋は、普段からスポーツなどで噛みしめを行うクセが付いてしまっている場合や、就寝時の歯ぎしりが原因となり筋肉が発達してしまうことで頬からあごにかけてのフェイスラインが張り出してしまうエラが出来やすい筋肉とされています。そのため顔に付いている余計な脂肪を落としたり、マッサージでリンパの流れを改善することで顔のむくみをとることは出来ても顔の大きさを改善して小顔になる根本的なお手入れを行うことは出来ませんでしたが、このボトックス注射を打つことで頬の咬筋を一過性の麻痺にさせることで、筋肉を細くしてシャープなフェイスラインを手に入れることが出来ます。食事をする際に使用する筋肉を麻痺させるとなると、食べ物がきちんと食べられなくなるのではと不安に感じる方も多いですが、実際に咀嚼をする際に必要な口周りの筋肉は咬筋の他にも三種類あるので普段の生活を問題なく過ごすことが出来る安全面も人気の理由となっています。しかし従来よりも噛む力が弱くなるため、食事をする際にはしっかり物を噛もうと咀嚼回数が増えると早食いしがちな方はゆっくり食事を行えるようになり何度も噛む事で満腹中枢を刺激しやすくなり、腹八分目でも十分満足感を得ることが出来るので間食や食べ過ぎを防ぐ効果がありダイエットをされている方にもおすすめです。就寝時の無意識の歯ぎしりは、噛みしめによる頭痛や疲労感を引き起こすだけではなく歯と歯をすり合わせるため摩耗をしてしまう原因となります。そのため噛みしめの力を抑えてくれるボトックス注射は美容や健康の面で高い効果を与えてくれる点も美容施術として注目されている理由の一つです。ボツリヌス菌を直接体内に取り入れる場合副作用は起こりにくいといわれています。一過性の麻痺が続く効果は約3ヶ月から半年と言われており、時間と共に体内に吸収されたボツリヌス菌はどんどん体外に排出されていくので継続的な効果を得るためにも定期的に同じ美容施術を受ける必要があります。